人間万事塞翁が馬

私が好きな言葉に「人間万事塞翁が馬」というものがあります。これは、中国の「淮南子(えなんじ)」という古い書物に書かれていた言葉です。(「人間(じんかん)」とは人間(にんげん)の事ではなく、世の中という意味であり、「塞翁」というのは、城塞に住んでいる老人という意味です。)

内容は、城塞に住む老人が飼っていた馬が、国境を越え逃げてしまいましたが、老人は「これは幸福の前触れだ。」と言います。時が経ち、馬は優れた馬を連れて帰ってきます。すると老人は「これは不幸の元になる。」と言います。やがて、老人の息子は落馬し、大怪我をしますが、今度は「これは悪いことではない。」と言います。その1年後、敵が国境を越え攻め込んで来て、多くの若者はその戦いで死んでしまいますが、老人の息子は大怪我をしていたので、戦争には行かず、命拾いをする。と言った話です。

この言葉は、人間の幸福と不幸は移り変わり、不幸を嘆き過ぎず、幸福を喜んでばかりもいけないと伝えていますが、この書物の根底にあるのは、人生は偶然性に左右されるものではなく、そうなってしまう自分自身の「行動」と「考え方」が原因であると教えています。

人生とは、いつ何時どうなるかは誰にもわかりません。人との出会いや身近に起こる全ての事でどんどん変わっていきます。だから私は、前を向いて、あせらず、くさらず、出会いに感謝し、謙虚に、誠実に生きたいと思っています。

たかはし事務所は、お客様のことを第一に、「感謝」「謙虚」「誠実」に、そして「迅速」に対応させていただきます。